小澤 征爾 と 村上 春樹

小澤 征爾 と 村上 春樹

小澤 征爾 と 村上 春樹



Amazonで小澤 征爾, 村上 春樹の小澤征爾さんと、音楽について話をする。アマゾンならポイント還元本が多数。小澤 征爾, 村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小澤征爾さんと、音楽について話をするもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

小澤征爾と村上春樹による対談本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社刊)に登場した音楽を3枚のcdに収録。 二人が実際に耳にした音楽を聴きながら、二人の会話をより親密に感じることのできる内容になっています。

小澤征爾と村上春樹による対談本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社刊)に登場した音楽を3枚のcdに収録。 二人が実際に耳にした音楽を聴きながら、二人の会話をより親密に感じることのできる内容になっています。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(おざわせいじさんとおんがくについてはなしをする)は、小澤征爾と村上春樹の対談集。

始めに――小澤征爾さんと過ごした午後のひととき 村上春樹 第一回 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番をめぐって 最初にブラームスのピアノ協奏曲第一番

小澤征爾さんと村上春樹の対談集の中のグスタフ・マーラーについて語られた部分が刺激になって、さっそくマーラーの交響曲第一番のCDを買ってきて聞いた。それも彼等が特にこだわっていた演奏であるサイトウ・キネン・オーケストラの音だ。

もともと小澤征爾の娘さんと村上春樹の奥さんが友だちだった。手術後の回復期に「ひまをもてあまして居た」マエストロが村上家へ招かれ、小説家と「とっておきのレコード」グレン・グールドと内田光子を聴きながら話した。

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲気のようなものをゆっくりと味わうようなものなのかも。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』村上春樹共著 新潮社 2011.11 isbn 978-4103534280 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮文庫) 2014.6 isbn 978-4101001661; 主な録音. ラヴェル管弦楽全集(ボストン交響楽団)(ドイツ・グラモフォン)

村上radio。 今日のプログラムは「5分で聴けちゃうクラシック音楽」です。 クラシック音楽っていうと、長くて重々しいという印象をお持ちの方も多いかと思いますが、うちにある音楽ソフトの中から、コンパクトだけど内容は素敵だ、興味深いという作品 ...

小澤 征爾 と 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 小澤 征爾 と 村上 春樹

Read more about 小澤 征爾 と 村上 春樹.

3
4
5

Comments:
Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Guest

A good rule to follow is to do unto others as though you were the others

Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Calendar
MoTuWeThFrStSu