小松左京 安部公房

小松左京 安部公房

小松左京 安部公房



小松 左京 (こまつ さきょう、1931年1月28日 - 2011年7月26日)は、日本の小説家。 本名、 小松 実 (こまつ みのる)。 星新一・筒井康隆と共に「sf御三家」と呼ばれ 、日本sf界を代表するsf作家でありながら戦後の日本を代表する小説家でもあった 。. 1970年の日本万国博覧会でテーマ館サブ ...

(安部公房 『密会』、『公然の秘密』、演劇作品『仔象は死んだ』) ... 安部公房は、sf小説の新人賞の審査員をやって、小松左京とかを入選させ ...

小松左京は70年代から80年代にかけて日本の知識人に見られた「リベラルな国際主義」を象徴する作家である。 ... 作品の翻訳もロシア語をはじめとする東欧諸語への翻訳が多く、安部公房と並んでもっとも共産圏に紹介された日本人作家のひとりだろう。

たまたま、安部ねり氏の『安部公房伝』(新潮社)を読み終えた時に、小松左京氏が亡くなったとの報道に接した。安部さんの本は、娘さんによる伝記+公房を知る人々へのインタビュー記事収録。

連日ニュースとなっている新型コロナウイルスによるパンデミック。個人ではできる限りの情報収拾と対策はしているつもりですが、罹患するのも時間の問題なのかと不安な気持ちが日に日に強くなっています。 こんな状況で思い出すのは、ハルキ文庫出版の小松左京の長編「復活の日 ...

小松左京や半村良が応募しても最高賞は取れなかったのだから、なかなか審査水準のきびしい新人賞だったと言えるのではないでしょうか。 安部公房の残した選評を読むと、新人作家に対して真摯に向き合っていることがよくわかります。

たまたま、安部ねり氏の『安部公房伝』(新潮社)を読み終えた時に、小松左京氏が亡くなったとの報道に接した。安部さんの本は、娘さんによる伝記+公房を知る人々へのインタビュー記事収録。安部氏の本はあまり読んだことがない。

こちらの記事に対するmshkhさんのブックマークです → 「この記事面白い.安部公房が,眉村卓,豊田有恒,小松左京,半村良,筒井康隆という(新人時代の)SF巨匠をバッサバッサ切ってるところは時代 …

日本のsfも「ジャンンル」に閉じこもるのでなく安部公房氏のような表現まで含有する方向で発展していたらまたずいぶん違ったのではないかなどと思いました・。 第2章 小松左京 「拝啓イワン・エフレーモフ様ー「社会主義的sf論」に対する反論」1963年

小松左京 安部公房 ⭐ LINK ✅ 小松左京 安部公房

Read more about 小松左京 安部公房.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu