宮部みゆき パイロキネシス

宮部みゆき パイロキネシス

宮部みゆき パイロキネシス



『クロスファイア』は、宮部みゆきのミステリー・ファンタジー小説。光文社から単行本が出版された。映画化もされている。

念じるだけで火をつけることができる「念力発火能力(パイロキネシス)」を持った女性の物語。 「超能力を持った女性」の物語を3編まとめた「鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで」の中の「燔祭」の続きにな …

 · クロスファイアの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。念力発火能力=パイロキネシスを持って生まれた青木淳子は、自分で ...

パイロキネシスは宮部さんが作ったものではなく、Wikipediaによると作家のスティーブン・キングが「ファイアスターター」という本の中で初めてこの語を使ったのだとか。物語中で淳子は煙草の先に火を付けたり、公衆電話の窓ガラスに熱を加えてメモを ...

宮部みゆきさん自身が「この人はどうなるのか書いてみたかった...」という ... 念動発火能力者 -パイロキネシス-淳子は自分なりに使命感を持っていたのだと思います。 どうして自分にこんな力があるのか.....だから、私は.....のような。 ...

パイロキネシス(念動発火能力)という特殊な能力を持つ青木淳子(矢田亜希子)は、その能力ゆえ孤独な日々を送っていた。 ... 宮部みゆきの名作ミステリーを、『コーヒープリンス1号店』のイ・ソンギュン主演で映画化。 ...

クロスファイア (2000) / Pyrokinesisのあらすじ. 青木淳子(矢田亜希子)は、パイロキネシスを使う能力者の家系であり、母親から「あなたは怒ってはいけない、お友達の側に寄っちゃ駄目、その力を使っては駄目なの」と言われ続けて育った。

パイロキネシスという念力の発火能力を持った女性の物語です。誰でも超能力があったら良いのにという願いはあるものですが、そんな甘い想いを宮部みゆきさんの描く物語は見事なまでに粉砕する事とな …

 · 同じく宮部みゆきの超能力小説といえばこの作品。念力発火能力「パイロキネシス」を持って生まれた主人公・青木淳子が、法律で裁くことのできない犯罪者を正義の名の下に殺害していくス …

宮部みゆきおすすめ25選をご紹介~その幅広い作風で魅了する~ そしてついに、1987年、宮部氏27歳の時に、第26回オール讀物推理小説新人賞を「我らが隣人の犯罪」という短編作品で受賞し、憧れの小説家デビューを果たします。

宮部みゆき パイロキネシス ⭐ LINK ✅ 宮部みゆき パイロキネシス

Read more about 宮部みゆき パイロキネシス.

10
11
12

Comments:
Guest
If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Calendar
MoTuWeThFrStSu