安部公房 興味

安部公房 興味

安部公房 興味



安部公房をご存じだろうか。詳しいことは自分でウィキペディアを読んで知ってほしいのだが、ww1の後に生まれた数学の大天才で、とにかくめちゃくちゃ変な小説ばかり書いた世界的作家だ。戯曲も書くし映画も撮る。シュルレアリストらしい。キリコの絵のように麻薬的で、ハマると抜け出せ ...

安部公房自身がこんなふうに説明しています。 ... 、終日倦きずに眺めてゐた。実につまらないこと、平凡無味なくだらないことが、すべて興味 ...

 · 概要>不条理な日々を逃れ昆虫採集に出た教師が、海辺の村落で砂穴に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。そこには一人の女が住み、男を穴にひきとめようとする。逃れたい男と、巣ごもりする女。やがて男は、流動する砂の閉塞のなか、新たな生き方を見つける。

本日 読書会こそ行くことが叶いませんでしたが、安部公房の『榎本武揚』が非常に興味深い作品でした。 正直な所、安部公房らしい常識を覆すような発想の転換や皮肉というものは、一見薄いのですが、極めて挑戦的な構造だったが故に、これは読む価値が高いと感じました。

安部公房は、若い頃、ドストエフスキー、リルケ、カフカの影響を強く受けていますね。 特にカフカの影響は顕著で、安部の「燃えつきた地図」は、カフカの「城」を読み比べてみると興味深いと思います。

 · 安部公房『鞄 (「棒になった男」より第1景) 』安部公房『鞄 』の上演時間・人数上演時間 30分(予想)人数 3人 男1(鞄役) 女2あらすじ女の家にやってきた女友達の客。女は、奥から鞄を取り出し、客に見せ、鍵を開けて中身を確かめてほしい

 · 安部公房「友達」ー 勝手に家に上がり込んだ9人家族。かれらは自分を友達だと言っているが…ー 戯曲を探す 戯曲図書館

この短編集「笑う月」に収録された、安部公房作の短編「鞄」。 ある日、「私」の事務所に一人の青年が訪ねてくる。それはなんと半年前に出した求人を見てのこと。 そんな常識外れな青年は一つの鞄を持ってきていて、まるでその鞄に導かれてきたような口ぶり。

参考¶安部公房のほとんどすべては『安部公房全作品』全15巻(新潮社)で読める。ほかに『安部公房戯曲全集』(新潮社)、放送ドラマだけを集めた『安部公房集』(大光社)も。『砂漠の思想』は最近になって講談社文芸文庫に入った。

小説家の三島由紀夫は評論家・思想家の吉本隆明をどう見たのだろうか。三島は吉本隆明について『対談集 源泉の感情』で言及している。「考え方はわりに好き」「これを彼が言うところが面白い」三島は安部公房との対談で吉本隆明について好意的に言及している

安部公房 興味 ⭐ LINK ✅ 安部公房 興味

Read more about 安部公房 興味.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Doubt your doubts instead of your beliefs.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example
Calendar
MoTuWeThFrStSu