安部公房 純文学

安部公房 純文学

安部公房 純文学



 · 人間が存在することの不透明さ 安部公房が亡くなってから、もう二七年が経つ。生前は現代日本を代表する作家として活躍し、ノーベル文学賞の ...

安部公房の作品はとてもシュールです。前衛的で、不条理で、超現実的。ところが、そんなシュールな作品が世界的な人気を持っているのです。今回は、今なお多くの人に読み継がれている安部公房のおすすめ作品をランキングにまとめてみました。

『方舟さくら丸』(はこぶねさくらまる)は、安部公房の小説。1984年11月、新潮社より〈純文学書き下ろし特別作品〉として刊行された。 もともとは『志願囚人』という題で執筆されていたが、ワードプロセッサー導入以後に改められている。 短編『ユープケッチャ』はこの作品のプロローグ ...

【ホンシェルジュ】 芥川賞作家であり、実験的な作風の小説を数多く執筆し、海外でも多数の賞を受賞した安部公房。晩年には、ノーベル文学賞の候補と目されていました。今回は安部公房のおすすめ作品を5点紹介します。 | にな川大介(ミステリーを1000冊以上読破)

 · 安部公房の著書『燃えつきた地図』を読んだ。 この本は300頁とそこまで長い本ではないのだが、読むのに時間がかかった。なぜかというと序盤から世界が薄っすらしているからだ。のめり込ませるような描写ではなく、世界が薄白くボンヤリとしていて、いまいちのめり込めなかった。

 · 安部公房の名前が一気に有名になったそのきっかけの作品『壁』に収められた作品だけあり、その内容は実にシュールでありながら“特異の魅力”が満載です。 ... 発行され、同年に読売文学賞を受賞後に映画化されたやや奇想天外を扮したSFがかった純文学 ...

安部公房 純文学 ⭐ LINK ✅ 安部公房 純文学

Read more about 安部公房 純文学.

7
8
9

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Calendar
MoTuWeThFrStSu