安部公房 研究 歴史

安部公房 研究 歴史

安部公房 研究 歴史



田中裕之『安部公房文学の研究』和泉書院〈近代文学研究叢刊 49〉、2012年3月。 ISBN 978-4-7576-0614-2 。 大江健三郎『定義集』 朝日新聞出版 、2012年7月。

第3節戒厳令下の台湾と安部公房作品の受容 1.台湾における安部公房作品の熱狂的歓迎 2.問い直される主体的実存 小結 第4章李喬『埋冤1947 埋冤』における孤児意識からの脱却 ――二二八事件をめぐる歴史描写と戒厳令解除後の台湾社会との関係から103

おそらく安部公房が理詰というか粘着質の作家だからだろう。 本書は日本近代文学研究者である田中裕之氏による安部公房論で、1986年の『砂の女』論から2007年の『終りし道の標べに』論まで20年間にわたって紀要などに発表された論考を集めている。

「師 安部公房」をご覧の皆様へ 従来、著者研究における方法論として、 最も一般的なアプローチは「作家論」と「作品論」に大別されます。 私の研究も、同様に、おおきく二つに大別し論点を絞っていま …

安部公房研究 -植民地経験を基点として- 呉 美姃 本論文では、〈満洲〉という植民地育ちの日本人作家としての安部公房(一九二四~一九九二)とそのテクストを〈植民地経験〉、そして〈戦後〉という時代性と関連させながら、考察してみた。

43 安部公房「赤い繭」論 「赤い繭」発表前後の安部は'芸術の歴史性を重視し、歴史的コンテクス-における芸術の力量を図ろうとしてい るとすれば'もはや歴史的コンテクストから切り離して読むことは不可能だとさえ思われて-る。

李喬文学と“台湾意識”の形成 ――フォークナー、安部公房の受容と“歴史素材小説”創作をめぐって 明田川 聡士 台湾は1895年の下関条約(馬関条約)で清朝から帝国日本に割譲され、第二次世界大戦の終結によりその統治権が無くなるまで、およそ半 ...

――安部公房と衞藤瀋吉―― 〔初出〕 『満蒙関係の新しい地平』所収「父と満洲―衞藤瀋吉と安部公房桜美林大学北 東アジア総合研究所、二〇一〇年七月。 第三章 引揚げ船内でなにが起こったのか ――安部公房と清岡卓行――

安部公房と山口果林—『安部公房とわたし』から考える『カンガルー・ノート』 もっと眩畢を—『匣の中の失楽』論 「喪失」と「自立」—〈十二国記〉シリーズに見られる「少女の型」 萩尾望都作品の少年主人公が背負ってきたもの

無論、歴史の世界にも「虚構」を読み取ることは容易である。古今東西を問わず、厖大な数の「歴史小説」が綴られてきた事実を徴すれば、歴史の世界が「虚構」と極めて密接な関係を有していることは容易に立証し得る。しかし、恐らく歴史の研究とは ...

安部公房 研究 歴史 ⭐ LINK ✅ 安部公房 研究 歴史

Read more about 安部公房 研究 歴史.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Happiness is nothing more than health and a poor memory.

Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu