奥平壱岐 福澤諭吉

奥平壱岐 福澤諭吉

奥平壱岐 福澤諭吉



奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前中津藩家老の砲術家、漢学者、儒学者。本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・啓蒙思想家となった。号は寄梅、名を十学、神錫。

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前中津藩家老の砲術家、漢学者、儒学者。本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・啓蒙思想家となった。号は寄梅、名を十学、神錫。

中津藩の奥平氏における家老衆「大身衆」(戦国期の七族五老から呼称変更)の一つである中金奥平家に生まれる。母は、

中津藩の奥平氏における家老衆「大身衆」(戦国期の七族五老から呼称変更)の一つである中金奥平家に生まれる。母は、

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前 中津藩 家老の砲術家、漢学者、儒学者。 本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末 維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。 同藩下士の出身であった福澤諭吉に入門して、官吏・啓蒙思想家 ...

創立者 福澤諭吉。 ... 2月、兄三之助にすすめられ、蘭学を志して長崎に出る。同藩家老の子奥平壱岐を頼り、長崎桶屋町光永寺に下宿し、さらに砲術家山本物次郎の書生となり、山本家の用事一切を引き受 …

長崎には「家老の子」の奥平壱岐が遊学中で、光永寺に滞在していた。諭吉が、その「お寺の居候」になるように、奥平壱岐に推挙したのは三之助であろう。 諭吉の長崎遊学は、その奥平壱岐の実父の計略により1年ほどで幕を閉じねばならなくなった。

奥平 壱岐(おくだいら いき、文政7年(1824年) - 明治17年(1884年)5月9日)は、豊前中津藩家老の砲術家、漢学者、儒学者。本名は奥平 正衡(おくだいら まさひろ)。幕末維新後には中金 正衡(なかがね まさひろ)と改名。

また長崎で同学の、藩の家老の出の奥平壱岐は、『自傳』ではずいぶん露骨に悪口を叩かれているが、実は彼が諭吉に援助を約束して長崎に来させたのではないか、とも推測されていて、事の意外に私などはあらためて驚く。

Title 福澤諭吉の蘭学修行と奥平十学(壱岐) : 中津藩山崎家「御用所日記」の関連記事を中心に Sub Title Author 河北, 展生(Kawakita, Nobuo) Publisher 慶應義塾福澤研究センター Publication year 1992 Jtitle 近代日本研究 Vol.9, (1992. ) ,p.43- 57 Abstract Notes Genre Departmental Bulletin Paper

伊予宇和島藩伊達宗城(むねなり)三男。文久3(1863)年奥平家の養子となる。 慶応4年父に代わって大阪城警護に加わり、5月家督相続。 [養子縁組に際し奥平壱岐が尽力→藩内の権力争いで失脚] 慶応年間第1次・第2次長州征伐に出兵→明治元年会津征伐に出兵

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日〈1835年 1月10日〉 - 明治34年〈1901年〉2月3日)は、日本の武士(中津 藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。 諱は範(はん)。 字は子囲(しい、旧字体:子圍)。 揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁」 。

 · 日本人の誰もが知っている、お財布の強い味方…ではなく、偉大な教育者である福沢諭吉。 彼は坂本龍馬や高杉晋作など幕末の有名人と同じ年代の人物であるにもかかわらず、大きな功績は明治以降になってからのものがほとんどです。 いったい彼はどんな人生を歩んできたのでしょうか ...

奥平壱岐 福澤諭吉 ⭐ LINK ✅ 奥平壱岐 福澤諭吉

Read more about 奥平壱岐 福澤諭吉.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.

Guest
The more you say, the less people remember.
Calendar
MoTuWeThFrStSu