太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽



太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもので、太宰が入水自殺したとき、この日記が書斎の机に置かれており、井伏鱒二らが『斜陽』の印税10万円と ...

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。

 · 太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもの。

今週は太宰治の「桜桃忌」が近づいてきましたので、「斜陽」の元になった太田静子の「斜陽日記」を巡ってみたいと思います(両者を読むとあまりにそっくりなのでビックリします)。

太宰治『斜陽』のその後 — —作家・太田治子インタビュー. 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。

太田 治子(おおた はるこ、1947年11月12日 - )は、日本の作家。神奈川県小田原市の生まれ。

5月3日 太宰と結ばれる 5月24日 すみれで二次会太田静子と同席: 6月 「斜陽」完成 不眠症に悩まされる 6月17日 別れ話6月24日 一緒に死ぬ話 6月27日 太宰と旅に: 7月 「斜陽」『新潮』に連載開始 体調悪化

太宰 治 太田 静子 斜陽 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子 斜陽

Read more about 太宰 治 太田 静子 斜陽.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Guest

Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.

Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Calendar
MoTuWeThFrStSu