太宰 治 太田 静子

太宰 治 太田 静子

太宰 治 太田 静子



太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。 作家の太田治子は、太田静子と太宰治の娘。

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。 作家の太田治子は、太田静子と太宰治の娘。

(現:

(現:

太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

太田 治子(おおた はるこ、1947年11月12日 - )は、日本の作家。神奈川県小田原市の生まれ。

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

太田静子が初めて太宰にあったのは昭和16年9月で友人と3人で三鷹の太宰を訪ねています。 その時のことを野原一夫の「回想 太宰治」では 「その年の九月のなかば、静子さんは三鷹に太宰を訪ねた。

太田静子との子、治子が生まれてから半年ちょっと後の出来事ですが、その間、 太宰は静子・治子の親子には会いません でした。 (太宰に近しい編集者・野原一夫は協力するので、会うように勧めたが、富栄への露見を恐れて太宰は話に乗らなかったよう ...

太宰治の代表作「斜陽」にはモデルがあると言われていた。小説の中で、主人公は未婚の母となるが、モデルの太田静子も太宰の子供を産み、名前は父親の太宰につけてもらう。あまりに有名な話で、太宰担当の新潮社の編集者、野原一夫の「回想の太宰治」にもそのことは触れられている。

 · 「治子」は、太宰治と太田静子の娘 太田治子さんは、1947年11月12日に生まれた第4子で3女になります。 小説家やエッセイスト などとして活躍し、お見合い結婚をしてお子さんを1人もうけましたが、その後離婚しています。

太宰 治 太田 静子 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子

Read more about 太宰 治 太田 静子.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Calendar
MoTuWeThFrStSu