多和田葉子 susanoo

多和田葉子 susanoo

多和田葉子 susanoo



 · 新刊『星に仄めかされて』―― この物語はどこから来てどこへ向かうのか。言葉を紡ぎ描く世界が不思議と近い未来を予見する、作家、多和田 葉子にインタビュー ベルリンを拠点とし、ドイツ語と日本語で創作を行う多和田 葉子。2018年は『献灯使』...

 · 国際的評価の高い作家の多和田葉子が初の3部作に挑んでおり、第2部が刊行された。若者たちの言語をめぐる旅はデンマークへ。越境の時代を ...

 · ドイツ在住で、日本語とドイツ語で小説や詩を発表する多和田葉子さんはノーベル文学賞の予想に名前が挙がる世界的作家。新刊は「こういう書き出しで書きたいと思って書き始めたらこうなった」と語ります。日本が消えた世界で若者たちが言語を巡る旅をする、愉楽に満ちた物語です。

多和田葉子の文学は移動し、変容する現代世界を写す鏡である。 ... やがてSusanooは沈黙を破り、スサノオが天上でおこなった暴虐を連想させる言葉の狼藉(ろうぜき)で一同を責め立てる。 ...

多和田葉子の「星に仄めかされて」(講談社:2020年5月18日第1刷発行)を読みました。「地球にちりばめられて」(講談社:2018年4月24日第1刷発行)に始まる3部作の第2部にあたります。

好書好日(こうしょこうじつ)は、ライフ&カルチャーを貪欲に楽しみたい人におくる、 人生を豊かにする本の情報サイトです。映画や美術、食などをもっと楽しむための本の紹介から、朝日新聞の読書面に掲載された書評まで、あなたと本の出会いをお手伝いします。

 · 2018年の暮れに、多和田葉子『地球にちりばめられて』を読んで、とても面白かったことをここに書いた。そして、その続編として、『星に仄めかされて』が刊行された。嬉しく読む。 (ネタバレありますので未読の方は注意) 前作に出てきた登場人物たちが、一章ずつモノローグを担当するが ...

SUSANOOはなぜかムンンにツクヨミって呼びかけるけど. ムンンっていうのはムーンに近い発音なのかな。 医師のベルマーはいけ好かないことばかり言って苦手なタイプだけど. こういうひとっている。 そんなベルマーが語っているから

言語は壁にもなれば、架け橋にもなる。 「言葉と歩く日記」の作者、多和田葉子さんの最新刊「地球にちりばめられて」もまた、言葉の面白さと自由さを伝える素敵な小説だった。 言葉を探しに行く6人の群像劇 「地球にちりばめられて」は6人の主人公が言語を探しに旅に出る。

多和田葉子は新刊が出ると、大体すごく好意的な書評が出て、それに惹かれて読んでみるのだが、どうも、相性が悪く、きらきら光るところが見えるのに、それが全体として身に浸みてこないことが多いのである。芥川賞とった『犬婿入り』の頃からずっと。

多和田葉子 susanoo ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 susanoo

Read more about 多和田葉子 susanoo.

8
9
10

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

Nature is the art of God.

Guest
We never miss the music till the sweet-voiced bird has flown.
Calendar
MoTuWeThFrStSu