多和田葉子 新作

多和田葉子 新作

多和田葉子 新作



羽生善治、伊藤亜紗、植本一子、貴戸理恵、島内裕子、島田雅彦、多和田葉子、土井善晴、富永京子、野崎歓、長谷川逸子、早野龍五、穂村弘、仲野徹、古川日出男、前田司郎、三輪眞弘、山本貴光、若松英輔ほか 、 岡崎京子 | 2019/3/29

多和田葉子という未知の作家の新作『海に落とした名前』を読んで、すっかり感心してしまった。どんな分野であれ、ぼくは作品には興味があっても、作者にはほとんど関心がない。

多和田葉子さん「星に仄めかされて」 インタビュー 多言語のはざまで旅は続く (2020/6/17) コロナ禍で「国境」が再びくっきりと浮かび上がって ...

この世界は現実なのか、夢なのか。神話や昔話の世界と地続きではあるが、描かれているのは、恐らく遠い未来の話。国も時代も超越した「言葉 ...

 · 10月8日(2020年)に発表されるノーベル文学賞。村上春樹さんとともに候補者として名前が挙がっているのが、多和田葉子さんだ。長らくドイツに在住し、ドイツ語での文学活動をしてきたので、日本ではあまり知られていないかもしれない。本書『献灯使』(講談社文庫)に収められている ...

ドイツ在住で、日本語とドイツ語で小説や詩を発表する多和田葉子さんはノーベル文学賞の予想に名前が挙がる世界的作家。新刊は「こういう書き出しで書きたいと思って書き始めたらこうなった」と語ります。日本が消えた世界で若者たちが言語を巡る旅をする、愉楽に満ちた物語です。

多和田葉子がドイツの修道院に滞在したときの経験をもとに書かれた小説『尼僧のキューピッドの弓』本作は紫式部文学賞を受賞した意欲作です。 主人公である日本人の「わたし」は1000年の歴史を持つドイツの尼僧修道院を訪れます。

多和田葉子(たわだ・ようこ) 1960年、東京都生まれ。小説家、詩人。82年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。92年『犬婿入り』で芥川賞、2011年『雪の練習生』で野間文芸賞、2018年『献灯使』で全米図書賞を受賞。

多和田葉子さんの『献灯使(けんとうし)』は、 震災を経た近未来の日本が舞台のディストピア小説です。 本作は、2018年に全米図書賞の翻訳文学部門を受賞しました。 ニュースでも取り上げられていたの …

日本共産党が発行している「しんぶん赤旗」日刊紙の主な記事を紹介しています

多和田葉子 新作 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 新作

Read more about 多和田葉子 新作.

3
4
5

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Calendar
MoTuWeThFrStSu