多和田葉子 掌編

多和田葉子 掌編

多和田葉子 掌編



『ヒナギクのお茶の場合』(多和田葉子) のみんなのレビュー・感想ページです(20レビュー)。

『飛魂 (講談社文芸文庫)』(多和田葉子) のみんなのレビュー・感想ページです(18レビュー)。作品紹介・あらすじ:ある朝突然やってくる虎、一生現れないかもしれない虎。古より虎を待ち続ける人は数多く、その道を究めたいと願う。若い女たちは女虎使い・亀鏡の弟子となるため家を捨て森 ...

ヒナギクのお茶の場合/多和田 葉子(小説・文学) - 【泉鏡花文学賞(第28回)】緑色の髪の舞台美術家と小説家のわたし。二人の女の交友を描き、えもいわれぬ可笑しみを湛えた表題作、恋愛小説狂いの少...紙の本の購入はhontoで。

多和田葉子は好きな作家のひとり。『アメリカ』は“あなた”とよばれる主人公(?)がアメリカを旅する短篇集。アメリカのいろいろな都市で、街で、郊外で、砂漠で、飛行場で、ホテルで誰かと出会い、物語がはじまり...,森の奥で考えたこと ...

多和田葉子の『献灯使』 毎月の読書会がいよいよ今月も迫ってきた。 期待半分、絶望半分の『献灯使』は意外と面白くて、近未来sfっぽい細部のあれこれ(鎖国していて外来語禁止の日本とか、老人が長生きして子供がすぐ死ぬ)がたくさん出てくるので、かえって自分にはそういう話の方が ...

多和田葉子による新訳、カフカ『変身(かわりみ)』。変身したグレゴール・ザムザの身体の動きを実直に描き出すカフカの文章。「それにぴったり身を寄せるようにして読み、同じだけ時間をかけなければ読めない翻訳にした」という多和田葉子版。

『不死の島』は『献灯使』の背景説明的な掌編。 『彼岸』は、さらなる原発事故で人が大量に死に、住めなくなった日本から脱出する人を描く。 最後の『動物たちのバベル』。これは小説ではなく戯曲。人類絶滅後生き残った動物たちの会話劇だ。

多和田 葉子 新潮社--- ... 『枕木』、『雲を拾う女』、『ヒナギクのお茶の場合』、4つの掌編から成る『目星の花ちろめいて』、『所有者のパスワード』。 ...

海外を拠点に活躍されている作家・多和田葉子さんが、2005年春から2006年末までに訪ねた世界の街について書かれたエッセイ。 硬質な文章でしずかに綴られていく小さなエピソード、言語文化のちがい、人びととのふれあいについて。

千早 茜(ちはや あかね、1979年 8月2日 ‐ )は、日本の小説家。 北海道 江別市出身。 京都府在住。 立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。

多和田葉子 掌編 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 掌編

Read more about 多和田葉子 掌編.

10
11
12

Comments:
Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Guest

If you don't know where you are going, any road will get you there.

Guest
The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.
Calendar
MoTuWeThFrStSu