多和田葉子 ドイツ語 短編

多和田葉子 ドイツ語 短編

多和田葉子 ドイツ語 短編



多和田 葉子 (たわだ ようこ) 誕生 1960年 3月23日(60歳)日本 東京都 中野区: 職業: 小説家 詩人: 言語: 日本語・ドイツ語: 国籍: 日本: 教育: 博士(文学): 最終学歴: チューリヒ大学 大学院博士課程修了: 活 …

 · 著者「多和田葉子」のおすすめランキングです。多和田葉子のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1960・3・23~。小説家、詩人。東京生まれ。早稲田大学…

 · 多和田葉子の自分観察日記『言葉と歩く日記』 本書は多和田葉子が日本語で書いた長編小説『雪の練習生』をドイツ語に自作翻訳する作業を行なった2013年1月1日から4月15日までの間に翻訳作業と並行して付けられた「自分の観察日記」です。

日本語とドイツ語で執筆活動を続けるドイツ在住の作家、多和田葉子が世界的に注目を集めている。2016年にドイツの文学賞・クライスト賞、18年 ...

多和田葉子は、出身国である日本を去って、そして彼女自身の言葉によれば 「母語の外を出る旅」②もしている。1982年にドイツに移り住んで、ドイツ語も 学んでやがてドイツ語で書き始めた。また、日本語を放棄しなかったため、両

小説家で詩人の多和田葉子さんが、今年度の朝日賞を受賞した。日本語とドイツ語のほか、30を超す言語で翻訳されている。国や地域によって、その読まれ方は様々だ。翻訳を手がかりに、幻想的で不思議な物語たちを多和田さんに解剖してもらった。

多和田葉子の文学における進化する「翻訳」 77 多和田葉子の文学における進化する「翻訳」 松 永 美 穂 1 多和田葉子の執無活動 2002年の春、多和田葉子にとってはドイツで16冊目川になる単行本がテユービンゲンの KonkursVerlagから出版された。

多和田葉子は,1982年に日本を去ってドイツに渡り,ドイツ語を手掛かりに「母語の外へ出る 旅 2) 」を始めた。 とは言え,欧州に移住したものの,母語である日本語を創作の言語として放棄

 · 多和田葉子 (1960年-) 著者紹介: 東京都生まれの作家です。早稲田大学ロシア文学科を卒業し、ハンブルク大学修士課程を修了されています。1982年よりドイツに住み、ドイツ語・日本語の両言語で小説を執筆しています。

多和田葉子 2006年、フランス・パリにて。多和田の著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、アジアからヨーロッパまで幅広い地域の言語に翻訳されている。

多和田葉子 ドイツ語 短編 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 ドイツ語 短編

Read more about 多和田葉子 ドイツ語 短編.

5
6
7
8

Comments:
Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Calendar
MoTuWeThFrStSu