坪内 逍遥 細君

坪内 逍遥 細君

坪内 逍遥 細君



坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年 6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。 小説家としては主に明治時代に活躍した。 代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代 ...

坪内逍遥の作品は1889年に発表された『細君』が収録されています。 またこれまで馴染みのなかった作家の作品を読むきっかけにもなるでしょう。 日本近代短篇小説選 明治篇1 (岩波文庫)

 · 坪内逍遥は、1859年、現在の岐阜県に生まれました。『小説神髄(しょうせつしんずい)』という評論や小説を産みだしつつ、シェイクスピア全集の翻訳も手掛けた、近代日本文学、近代演劇のの父とも言える文豪です。従来からあった小説の勧善...

邁遙 「細君」 試論 「細君」 は明治二十一年十一月の初旬に起稿され、二十 離縁されるに至るまでの悲劇を描いたものである。ある。内容は、新しい教育を受け、自我に目覚めた人妻が、二年一月の 「国民之友」新年号の附録に掲載された作品で

坪内逍遥の小説論。1885‐86年刊。上巻は小説の原理論,下巻はその技法論を論じている。 従来日本の小説は,戯作(げさく)の名のもとに漢詩文や和歌よりも品格の劣るものと見なされてきたが,これに対し文明社会では,文学の諸ジャンルの中でもっとも進化した形態とされ,芸術として ...

 · 毎週日曜、夜9時からお送りしている【ラジオシアター~文学の扉】 今週も先週に引き続きゲストに女優のあめくみちこさんをお迎えして、坪内逍遥の『細君』(後編)をお届けしました。

 · 坪内逍遥は幼少期から文学に興味をもち、東京大学を卒業後に「小説神髄」を発表して日本の近代文学の始まりを告げることとなります。 小説の執筆に関しては「細君」と言う作品を最後に辞めてしまいますが、その後は戯曲の作成に力を入れ、演劇界にも ...

 · 坪内逍遥つぼうちしようよう(1859年-1935年)は主に明治時代に活躍した日本の小説家です。本名は坪内 雄蔵つぼうちゆうぞう。別号に「春のやおぼろ(春廼屋朧)」「春のや主人」など。最初の近代的な評論『小説神髄しようせつしんずい』において、伝統的な「勧善懲悪」の小説を否定し ...

 · 「坪内逍遥」という名前を聞いたことはありますか? 日本史や文学に興味のある方はご存知だとは思いますが、「よく分からないなぁ」という方もいらっしゃると思います。 坪内逍遥。下のお名前は「しょうよう」と読みます。勿論ペンネームですね。

当世書生気質 (岩波文庫)/坪内 逍遙 ¥735 Amazon.co.jp 坪内逍遥『当世書生気質』(岩波文庫)を読みました。 平安時代の物語文学から、江戸の戯作まで繋がる日本文学史の縦のラインの中で、同時に世界文学という横のラインを意識していた坪内逍遥は、小説の理論書である『小説神髄』の中で ...

坪内 逍遥 細君 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 細君

Read more about 坪内 逍遥 細君.

3
4
5
6

Comments:
Guest
No brook is too little to seek the sea.
Guest

Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.

Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Calendar
MoTuWeThFrStSu