坪内 逍遥 日記

坪内 逍遥 日記

坪内 逍遥 日記



坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年 6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。 小説家としては主に明治時代に活躍した。 代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代 ...

逍遥日記 : 大正九年-大正十一年 ; 葛の葉 : 第四号-第六号 ; 延葛集 : 第一号 [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編 (未刊・逍遥資料集 / [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編, 2) 逍遥協会, 2000.12

坪内逍遥をご存知でしょうか。 それまでメジャーだった勧善懲悪の話にこだわらず、あるがまままに小説を書く写実主義を提唱し、森鴎外と没理想論争を繰り広げた写実主義の代表格。 彼はまた、シェークスピアの熱心な研究者でもありました。 そんな坪内逍遥の人物像と代表作を、この記事 ...

父は「逍遥の子」だが「キミ子は逍遥の孫ではない」。この謎解きは。ミキ子の父「坪内士行」(早大教授劇作家昭和61年没)は、逍遥の兄「義衛」の三男で、明治24年(1893)、7歳の時、逍遥の養嗣子 …

逍遥の日記に漫画ネタが。 昭和5年4月7日 夜 杉本喜永来、漫画式映画にて「文福茶釜」「道灌」を製作の事を勧む 4月8日 夜 松本、仲木、漫画家金井来、文福茶釜、道風、烏帽子折を漫画式映画ニ製作の相談 4月10日 夕刻前 杉本来、演博にて再び漫画を見せたしといふ、食後おせき及び二婢を ...

「坪内逍遥とその妻セン」については、松本清張の『文豪』で知り、関心を抱いて調べていたら、ネットで「矢田山聖子」著『坪内逍遥の妻、大八幡楼の恋』(2004年刊)を見つけ、さっそく取り寄せました。「矢田山聖子」は慶応卒、「三田文学」会員で、作家を志していたとのこと。

 · 坪内逍遥の『当世書生気質』のつづきを読んでいきたいと思います。 今日は扇屋から出てきた上等客7人のうち4人目からですね! 婦人[オンナ]二個[フタリ]は数奇屋町[マチ]か、新橋あたりの芸妓[ゲイギ]と見え、一個[ヒトリ]は年頃二十五、六、一個はやうやう十七、八。

ところで逍遥 (坪内の方) の 『当世書生気質』 を読んだことのある人は少ないと思う。 かく言うおじさんも、文学全集に入ったそれを持っているが、まともに読んだことはない。

先日、図書館に行き、新刊本コーナーを覘いたら「坪内逍遥の妻 大八幡楼の恋」という本がありました。 --**--**--**-- 日本近代文学の父=逍遥と根津遊郭の遊女=花紫との純愛秘話。 明治十七年、東京専門学校講師であり翻訳家としても活躍中の逍遥は、根津の遊女花紫と出会う。

「坪内祐三の美術批評 眼は行動する」『週刊ポスト』 「人声天語」『文藝春秋』 「坪内祐三の読書日記」『本の雑誌』 「これでいいのだ!」『週刊spa!』 「あまカラ12ヶ月」『あまから手帖』 「酒中日記」『小説現代』 「リレー読書日記」『週刊現代』

坪内 逍遥 日記 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 日記

Read more about 坪内 逍遥 日記.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu