坪内 逍遥 日記

坪内 逍遥 日記

坪内 逍遥 日記



逍遥日記 : 大正九年-大正十一年 ; 葛の葉 : 第四号-第六号 ; 延葛集 : 第一号 [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編 (未刊・逍遥資料集 / [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編, 2) 逍遥協会, 2000.12

逍遥日記 : 大正十二年-大正十四年 ; 延葛集 : 第二号・第三号 [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編 (未刊・逍遥資料集 / [坪内逍遥著] ; 逍遥協会編, 3) 逍遥協会, 2001.11

坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳 …

資料編 坪内博士の劇の話--逍遥自筆稿本の翻刻 / 大村弘穀 / p35~43 (0021.jp2) 資料編 逍遥日記 明治三十六年の巻(三) / 加藤長治 ; 大村弘毅 / p44~68 (0026.jp2)

父は「逍遥の子」だが「キミ子は逍遥の孫ではない」。この謎解きは。ミキ子の父「坪内士行」(早大教授劇作家昭和61年没)は、逍遥の兄「義衛」の三男で、明治24年(1893)、7歳の時、逍遥の養嗣子 …

坪内 逍遥 日記 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 日記

Read more about 坪内 逍遥 日記.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Calendar
MoTuWeThFrStSu