古井 由吉 芥川賞

古井 由吉 芥川賞

古井 由吉 芥川賞



「古井由吉氏の二作のほかに、取りあげる作品が見られなかった」「文藝春秋社内予選で意見が全く二分したので(引用者注:古井氏の候補だけ)二作をあげたというが、一編とできなかったのは不明断、不見識であろう。

芥川賞選考委員・古井由吉の略歴や、受賞作・推賞作に対する選評の一部などをまとめています。|生没年月日:昭和12年 ...

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - 2020年2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている 。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている 。

濃密な文体で人間の狂気や生死を見つめた「内向の世代」の作家、古井由吉(ふるい・よしきち)さんが2月18日午後8時25分、肝細胞がんのため ...

芥川賞作家で、「内向の世代」を代表する古井由吉(ふるい・よしきち)さんが18日午後8時25分、肝細胞がんのため東京都世田谷区の自宅で死去 ...

1971年1月、「杳子」により第64回芥川賞を受賞、同月、河出書房新社より『杳子・妻隠』、〈新鋭作家叢書〉『古井由吉集』を刊行。筆一本の生活に入る。 1977年9月、後藤明生、坂上弘、高井有一と同人誌「文体」を創刊。

【ホンシェルジュ】 古井由吉は多くの賞を受賞し、十分な評価を受けています。今ではすべての賞は辞退していますが、現役で作品を書き続けています。人間の深い感情を、言葉による表現でまるでそばにいるかのように、匂いや感覚まで感じさせてくれます。

概要. 第11回ホームカミングデイの文学部企画。第1部は芥川賞・谷崎潤一郎賞等多数の文学賞を受賞した、日本を代表する作家である古井由吉氏(本学文学部ドイツ文学科卒)を招いて、「翻訳と創作と」と題した講演が行われた。

11月19日は作家 古井由吉氏の誕生日。 今年 代表作の『槿』『杳子』『妻隠』を読みました。男と女の微妙に揺れ動く関係を明晰な筆致で表現した作品は蠱惑的な魅力に溢れています。 芥川賞を始め、谷崎、川端文学賞を受賞した実力派。

2月18日、近代日本文学を代表する作家・古井由吉が肝細胞癌のため亡くなった。享年82。古井氏は、1971年、『杳子(ようこ)』で第64回芥川賞を受賞。社会的なイデオロギーから距離を置き、人間の内 …

古井 由吉 芥川賞 ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 芥川賞

Read more about 古井 由吉 芥川賞.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.
Calendar
MoTuWeThFrStSu