仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明



 · 『発心集』(ほっしんしゅう)は、鎌倉初期の仏教 説話集。『方丈記』の作者として知られる鴨長明(1155-1216年)晩年の編著。 建保四年(1216年)以前の成立。「長明発心集」とも。仏の道を求めた隠遁者の説話集で『閑居友』、『撰集抄』などの説話集のみならず、『太平記』や『徒然草 ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 鴨長明の用語解説 - [生]久寿2(1155)頃.[没]建保4(1216).閏6.8. 京都鎌倉時代前期の歌人,随筆家。賀茂御祖 (みおや) 神社の禰宜 (ねぎ) 長継の次男。従五位下に叙せられ,南大夫または菊大夫と呼ばれた。琵琶を中原有安に,和歌を俊恵 (しゅんえ) に学ぶ。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 発心集の用語解説 - 鎌倉時代前期の仏教説話集。鴨長明編。建保2 (1214) 年頃成立か。現存本は8巻,102話を収めるが,原撰本 (3巻か) に増補改変を加えたものらしい。「我が一念の発心を楽しむばかり」 (序) に集めた発心,遁世,往生,因果,身代り ...

説話(仏教説話)を読む ... 鴨長明『発心集』を使って、「古文は読める」を実感させます。 ... 筆者が言いたいことは何か?、昨日の文章『沙石集』との共通点は何かについて生徒に発表させる。 ...

(評論)2019年2月 〈作者=鴨長明〉(1155?~1216) ・下鴨神社の神官の子の生まれ →若くして父と兄に死別、縁者に恵まれず

鴨長明は、平安時代末、京都は下鴨神社で神職の最高位に就いていた鴨長継の子として生まれました。二十歳前に父が没して後ろ盾を失い、数年後、敵対する親族との後継争いにも敗れてしまいました(この辺りの事情は複雑なので、詳細は略します)。

鴨長明 (1155?. ~1216)の編になる仏教説話集で、『閑居友』『沙石集』へ続く中世仏教説話集の嚆矢に位置づけられる。. 長明は 元久 元年(1204)に失踪、遁世して蓮胤と名乗り、建暦2年(1212)頃に『 方丈記 』、建保4年(1216)までに『発心集』を編んだと見られるが、成立の年時・過程は明らかではない。. 収録される説話は、発心譚、遁世譚、往生譚など多岐 ...

【ホンシェルジュ】 「無常観」の考えをもとに鴨長明が書きあげた鎌倉時代前期の名随筆『方丈記』。無常観とはどのようなものなのか、またそれを生み出した時代背景には何があったのでしょうか。この記事では内容を解説するとともに、鴨長明の紹介と、作品をさらに知るためのおすすめ ...

この方丈記と方丈記の作者鴨長明には種々の考 注一 たと同じ六十歳前後に書きつづけた歌論書の無名抄があり、更に方丈記を書いた後に執筆した仏教説話集の発心集がある。して長明の本質は解明されない。

ところで、説話はその内容から通常二種に分けられる。一は仏教説話、一は世俗説話。前者は仏教信仰を主とするもので、それには、 三宝 ( さんぼう ) (仏・法・僧)霊験談、因果応報談、寺塔縁起談、その他がある。 三宝霊験談には、 仏宝 ( ぶつぽう ) 霊験談( 釈迦 ( しやか ) 仏 ...

仏教説話集 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 仏教説話集 鴨長明

Read more about 仏教説話集 鴨長明.

4
5
6

Comments:
Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Guest

A handful of patience is worth more than a bushel of brains.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu