中宮 紫式部

中宮 紫式部

中宮 紫式部



ご来訪ありがとうございます。拓麻呂です。平安時代の才女『清少納言』と『紫式部』。よくライバル扱いされる清少納言と紫式部が仕えた中宮。『藤原定子(ふじわらのていし)』『藤原彰子(ふじわらのしょうし)』清少納言、紫式部、定子、彰子・...

紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。作家としては、日本文学史を代表する一人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。

藤原 賢子(ふじわら の けんし/かたいこ、天喜4年(1057年) - 応徳元年9月22日(1084年 10月24日))は、第72代白河天皇の中宮、第73代堀河天皇の国母。 太政大臣・藤原師実の養女。 実父は右大臣・源顕房、母は源隆俊の女・隆子。 白河天皇の寵愛の后であり、その死をかなしんで天皇は数日食 ...

紫式部は源氏物語を記すいっぽう、中宮(天皇の妻)・彰子に仕えていました。彰子の家庭教師を務めていた紫式部ですが、ふたりには主従関係以上の親しさがあったようです。

紫式部の名は,『源氏物語』の紫の上と,兄が式部丞であったことにちなむが,実名は不明。夫藤原宣孝 (のぶたか) に死別後,一条天皇の中宮彰子 (しようし) に仕え,その前後に『源氏物語』の筆をとり始 …

紫式部のご先祖様は摂関政治の礎・藤原冬嗣. 紫式部の生没年は不明。だいたい天禄元年(970年)~天延元年(973年)あたりだと推測されています。 先祖をたどっていくと、父方も母方も北家・藤原冬嗣に行き着きます。

 · 今回は、一条天皇の妃で藤原道長の娘である藤原彰子(ふじわらのしょうし)について紹介します。 藤原彰子は本人自身というよりも、「源氏物語」を書いた紫式部が仕えていた人物として有名かもしれません。しかし、藤原彰子の生涯は源氏物語にも劣らぬほど、実に考えさせられる物語を ...

 · 紫式部 年表 西暦(年齢) 978年(1歳)紫式部誕生 990年(13歳)定子が一条天皇の中宮になる。清少納言出仕 999年(22歳)紫式部、藤原宣孝(のぶたか)と結婚。道長の娘彰子(しょうし)も一条天皇の中宮となる 1001年(24歳)夫宣孝死没。「枕草子」成立か。

 · 紫式部は、他人の批評もしていますね。 紫式部の心の底には、彰子中宮さまこそ一番すばらしい。 彰子中宮様を盛り立てたい、という思いがあったのでしょうか。 『紫式部日記』和泉式部と清少納言 現代語訳 おもしろい よくわかる

中宮 紫式部 ⭐ LINK ✅ 中宮 紫式部

Read more about 中宮 紫式部.

4
5
6

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.

Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Calendar
MoTuWeThFrStSu