三島 由紀夫 自伝

三島 由紀夫 自伝

三島 由紀夫 自伝



三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者である。 血液型はA型 、身長は163cm 。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に ...

『仮面の告白』(かめんのこくはく)は、三島由紀夫の2作目の長編小説。三島の初の書き下ろし小説である。 大きな成功をおさめた代表作で自伝的作品でもある 。 人と違う性的傾向に悩み、生い立ちからの自分を客観的に生体解剖していく「私」の告白の物語。

『私の遍歴時代』(わたしのへんれきじだい)は、三島由紀夫の自伝・回想録。17歳から26歳までの文学的遍歴や作家としての歩みを、38歳の時点で振り返った随筆である。 戦時中の学習院中等科時代から、戦後の文壇での新人時代、太宰治などとの逸話、『仮面の告白』発表、初の世界一周 ...

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹 自殺をした事件である。 三島が隊長を務める「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たての ...

作家の自伝37 三島由紀夫 【※品切れ】 監修: 佐伯彰一 松本健一. 解説: 佐伯彰一 (東京大学名誉教授) 編著者: 三島由紀夫:著 ...

読み進むと、三島由紀夫の「告白」はインタビュアーであるべスター氏あってのものだと気付く。ベスター氏は三島由紀夫が2年前に書いた自伝的評論『太陽と鉄』を目下翻訳中の人物だった。

三島 由紀夫 自伝 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 自伝

Read more about 三島 由紀夫 自伝.

7
8
9
10

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu