三島 由紀夫 美文

三島 由紀夫 美文

三島 由紀夫 美文



三島由紀夫といえば、凝りに凝った装飾過剰な美文体。『仮面の告白』『潮騒』『鏡子の家』『金閣寺』といった代表作に触れた多くの読者が、その美文の虜となっていく。

三島由紀夫「趣味的の酒」より 衒気(げんき)のなかでいちばんいやなものが無智を衒(てら)ふことだ。 三島由紀夫「戦後観客的随想――『ああ荒野』について」より 関連記事. φ三島由紀夫の美文、名文 …

では、時代に関係なく、余計な装飾もない、なおかつ“美しい文章”とはどのようなものか――そんな“美文”の本質を暗示する言葉として、文章の読み書きのノウハウを説いた三島由紀夫『文章読本』の一節を挙げておきましょう。

三島由紀夫(1925~70年)と金沢のつながりについては、母平岡倭文重(しずえ)が代々、加賀藩に仕えた漢学者の家の出だったにもかかわらず ...

三島由紀夫の美文、名文、名言を引用してみよう ... 三島由紀夫「一青年の道徳的判断」より 決して人に欺されないことを信条にする自尊心は、十重二十重の垣を身のまはりにめぐらす。 三島由紀夫「友情と …

『禁色』(きんじき)は、三島由紀夫の6作目の長編小説。『仮面の告白』と並ぶ代表的な男色小説で、三島が20代の総決算として書いた作品である 。 女に裏切られ続けた老作家が、女を愛せない同性愛者の美青年と共謀して、女への復讐を企てる物語。 老作家の指示どおり動いていた青年が ...

小説やエッセイなどのオリジナル作品を書くようになると、その方法論が記載されている情報にも自然と目が行くものです。そうこうするうち、早々に行き当たるのが「文体」という言葉。「文体」すなわち「文章におけるあなたらしさ」を、文豪の例文をもとに考えてみましょう。

作品全体を通して美文だと思う小説とその作家名を挙げてください。故人生人は問いません。 目にしろ耳にしろ、日本の古典には味わわれるような文章がたいへんに多い。いわゆる美文と称されるものはその代表的なもの…

もっとも美しい文章で書かれた小説は何でしょうか?もちろん、主観で答えて下さい。ライトノベルから古典、翻訳物まで、何でも結構。ただし、小説にして下さい。詩や論文はngということで。よろしくお願いします!岸田国士の戯曲集をお勧

三島 由紀夫 美文 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 美文

Read more about 三島 由紀夫 美文.

6
7
8
9

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
There is only one pretty child in the world, and every mother has it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu