三島 由紀夫 の 金閣寺

三島 由紀夫 の 金閣寺

三島 由紀夫 の 金閣寺



『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で、戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の宿命、人生との間に立ちはだかる金閣の美への呪詛と執着のアンビバレントな心理や観念が、硬質で精緻な文体で綴られている。

(昭和31年)、文芸雑誌『

(昭和31年)、文芸雑誌『

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美

三島が二十四歳で『仮面の告白』を書いたことに愕然とする。 確かに表現とは自分を曝け出すことなのかもしれないが、内的な反芻の長時間の蓄積によって描かれる性的描写の端正さに惹かれる。

 · 三島由紀夫「金閣寺」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、金閣寺の美しさに惹かれる主人公の告白を綴っていく形で進みます。貧しい寺で生まれた溝口は、僧侶である父から金閣寺ほど美しい物はないと繰り返し聞かされて育ちます。

三島 由紀夫『金閣寺』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2703件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

このページでは『金閣寺/三島由紀夫【あらすじ・解説・簡単な要約・読書感想文】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。実際にあった金閣寺放火事件をもとに描かれた、三島由紀夫の代表作をどうぞお楽しみください!

1950年7月、ある一人の僧侶の放った炎によって金閣寺が全焼しその他文化財6点も失われるという衝撃的なニュースが日本全国を駆け巡った。 この金閣寺放火事件は多くの小説家達に多大な影響を与え想像を駆り立てた。そしてその動機を探った。日本を代表する文豪三島由紀夫もその一人で ...

三島由紀夫の代表作『金閣寺』 『金閣寺』は、1950年におきた金閣寺放火事件を下敷きにしたフィクションです。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品でもあります。

 · 『金閣寺』の読みどころ. 1950年に実際に起きた、金閣寺の放火事件を元に三島由紀夫氏が創作した物語。 私的な読みどころは、 とにかく美しい日本語による描写の数々 です。 クセの強い一人の人間が見た「世界」を、これまたアクの強い視点で完膚なきまでに描ききる言葉の表現が素晴らしい。

三島 由紀夫 の 金閣寺 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 の 金閣寺

Read more about 三島 由紀夫 の 金閣寺.

4
5
6

Comments:
Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Guest

There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu