三島 由紀夫 あらすじ

三島 由紀夫 あらすじ

三島 由紀夫 あらすじ



三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者である。 血液型はA型 、身長は163cm 。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に ...

『潮騒』(しおさい)は、三島由紀夫の10作目の長編小説。中編小説とみなされることもある 。

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で、戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の宿命、人生との間に立ちはだかる金閣の美への呪詛と執着のアンビバレントな心理や観念が、硬質で精緻な文体で綴られている。それまで三島に対し懐疑的否定的な評価をして …

『近代能楽集』(きんだいのうがくしゅう)は、三島由紀夫の戯曲集。能の謡曲を近代劇に翻案したもので、国内のみならず海外でも舞台芸術として好評な作品群である 。 自由に時間と空間を超える能楽の特質を生かし、独自の前衛的世界を醸し出しているこれらの作品群は、写実的な近代 ...

三島 由紀夫 あらすじ ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 あらすじ

Read more about 三島 由紀夫 あらすじ.

9
10
11
12

Comments:
Guest
The only good thing about free advice is that the price is right.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Calendar
MoTuWeThFrStSu